ページの先頭 ここを読み飛ばして本文へ
身延町

東京の西隣にある山梨県の南部に位置する身延町は、
まちの中央を流れる日本三大急流のひとつ「富士川」と、
その東西に連なる急峻な山岳地帯が、
四季折々の風景を美しく描き出す、自然豊かなまち。
心豊かで素朴な人々が、穏やかな暮らしを紡いでいます。

歴史と文化と伝統が息づくこの町には、
訪れる人を包み込む、優しい時間が流れています。

身延町風景
specialcontent
    みのぶ道は「参詣道」「身延往還」「身延山追分道」とも呼ばれ、かつては、身延山久遠寺から大光坊、思親閣、赤沢宿、羽衣白糸の滝、七面山敬慎院へと続く、険しい修行の道でした。日蓮宗の開祖・日蓮聖人は、身延山を信仰の中心に据え、晩年を弟子の修行に費やしました。日蓮
    みのぶ道〜祈りの道〜
    みのぶ道は「参詣道」「身延往還」「身延山追分道」とも呼ばれ、かつては、身延山久遠寺...
    あけぼの大豆づくりにチャレンジするワン!
    あけぼの大豆づくりにチャレンジするワン!
    『あけぼの大豆』は、身延町のブランド大豆です。身延町曙地区で採取したタネを使っ...
    日蓮宗の総本山身延山久遠寺。山全体が聖地である身延山は、久遠寺境内はもちろん他にも魅力がいっぱいです。 みのワンはさっそくロープウェイに乗って山頂を目指してみることにしました。
    身延山ロープウェイに乗ってみるワン!
    日蓮宗の総本山身延山久遠寺。山全体が聖地である身延山は、久遠寺境内はもちろん他にも...
    歴史をたどれば450年以上前の戦国時代にまで遡る西嶋和紙。身延町が誇る伝統工芸のひとつです。曾祖父の代から続く西嶋の紙屋に生まれ、現在は数少ない手漉きの担い手として活躍する笠井一洋さん
    じもラブ Vol.05 西伝製紙 笠井一洋さん
    歴史をたどれば450年以上前の戦国時代にまで遡る西嶋和紙。身延町が誇る伝統工芸のひ...
    寺ワークメインビジュアル
    寺ワーク
    神聖な場でココロとカラダを整える  働き方が多様化し、リモートワークも増えて...
    「千円札の富士山」
    Episode1「千円札の富士山」
      彼女との最後の食事はあっけなく割り勘だった。 もうラー...
    自分らしく
    Episode2「自分らしく」
      職場があるこの駅を出れば、普段の私から「社会の私」になる。 ...
    電源OFF
    Episode3「電源OFF」
    戦国時代も現代も、人々は日々戦っている…。 普段の生活が「戦...
    久遠寺
    身延山久遠寺
    静寂に包まれた境内に響く大鐘楼の鐘の音や、うちわ太鼓を叩き、経文を唱和しながら...
    下部温泉郷メインビジュアル
    下部温泉郷
    およそ1300年前に発見され、大切にされてきた下部温泉 豊かな自然のなか、大...
Promotionmovie

彼女との最後の食事で渡された千円札。
「この千円札の富士山って、どこのなんだろう...」
ふと頭によぎった疑問に突き動かされるように、身延町へと旅に出る男性。
時を同じくして、日々の仕事から開放され、自分らしさを探しに身延へと旅に出る女性がいた。
彼らが身延の旅で見つけたものとは?

現在地 トップページ